JFETを使ったI/V変換

 過去に公開したバイポーラトランジスタを使ったI/V変換をJFETに変更しました。
今回も私の設計ではありません。
←私自身努力はしてます。
色々な方が試聴して評判が良いとの事で公開となりました。
回路自体は簡単になっています。

過去の記事も必ず確認してから製作してください。
http://cat0048.my.coocan.jp/tda1534a_cs8416/TDA1543IV.htm


                       回路図



                 部品表

部品番号 部品名 型式 備考
R1・R2・R3 カーボン抵抗(1/4W) 22Ω  
R4 金属皮膜抵抗(1/4W) 1.5KΩ  
R5・R6 金属皮膜抵抗(1/4W) 2KΩ
R7 金属皮膜抵抗(1/4W) 5.1KΩ  
D1・D2 ダイオード 1N4007
D3・D4 ダイオード 1S1588 互換品          
C1 電解コンデンサ 470μF
C3・C4 無極性コンデンサ 4.7μF
C5〜C9 フィルムコンデンサ 0.1μF
C10〜C13 電解コンデンサ 33μF〜100μF
 
U1・U2 Pch J-FET 2SJ498-C  
LCL1 エミフィル
  
IC1 DAC TDA1543(A)
IC2 5V レギュレータ 78M05A
IC3 8V レギュレータ 78M08
        

使用部品です。小信号用ダイオードの定番だった1S1588を使用します。(300本以上在庫が有って今回処分できたらいいな〜♪ なんて考えていたり・・)




これを見ながら製作すれば間違いは無いと思います。間違うとしたらレギュレータ位です(間違えてDAIを壊したこと有り・・・)

こんな感じで動作チェックを行いました。
電源電圧はDC12Vです。

TDA1543(I2S)の場合の設定

TDA1543A(右詰24ビット)の場合の設定

I2SフォーマットのAの無いTDA1543をメインに使いたいところなんですが、豊富な在庫はTDA1543Aしか有りません。
CS8416を使った組み合わせでお願いします。

音質に違いはありません。

音質ですが、まあ〜♪ 高級品買う前に試しに聴いて判断してね、
としか言いようがありません。(^_^; 


メインへ