オーディオ関連のICもマイコンで制御するものが多いので、マイコンの知識も必要になっています。
マイコンの開発で非常の困るのが、マイコン内部で何が行われてるか全くわからない事です。

そこで、マイコンの情報をPCに送ってモニターしながら開発を行うのが一番です。
PCとマイコンをつなぐ一番簡単な方法はシリアルポートを利用する方法なのですが、9ピンのコネクターが使いにくい
ノートでシリアルポートが無いなどの問題もあります。
ここでは、秋月電子で販売されている、USB−シリアル変換モジュール(FT232RL)を使用します。


購入したら、まず説明書にあるようにFTDI社のサイトでドライバーを入手してください。
一度モジュールをUSBケーブルで接続してからドライバーのインストールを行ってください。

無事インストールされているか 「デバイス マネージャ」で確認してください。
ポートに「USB Serial Port(COMx)と表示されていれば正常にインストールされていることになります。
このとき何番のポートになっているかメモしてください。使用しているPCによって変わります。
私のPCは ’COM4’になっています。



モジュールはこのように配線してください。(ICソケットを使う事)





モジュールの動作確認を簡単に行う方法はTXとRXを接続します。



モジュールをPCに接続して、ハイパーターミナルを起動させます。名前は適当でいいです。


デバイスマネージャでメモしたポートに設定します。
ここで割り当てられたポートが表示されない時はモジュールとPCが正常に接続されていません。



ビット/秒は適当でかまいません。フロー制御は ’なし’ にしてください。



キーボードで押したキーと同じ文字が表示されれば正常に動作しています。
(キーボードで押したキー内容がTXに出力されて、それをRXで受信して表示しているだけ。)



ついでにシリアルの波形を見て見ましょう。 ’a’ と ’b’ を押してみると
、    


(下位ビットから上位ビットの順で出力されている。)

アスキーコードがそのまま出ていることが分かります。(パリティービット無しの場合)


PICマイコンと接続してデーターが送信できるか確認します。ここでは「PIC16F886」を使用しています。
PICマイコンのTX・GNDをモジュールのRX・GNDに接続します。


プログラムはこんな感じです。CCSで書いています。Hexはここ
ポートAの0と1は1秒間隔でHighとLowを繰り返します。とりあえずPICが動いているか確認用です。



ハイパーターミナルを立ち上げます。ビット/秒は9600bpsにしてください。



問題なければ、’Hello.'が繰り返し表示されます。



PICに限らずマイコン関連は内部でどこを実行しているか、変数・レジスターなどの値も分かりません。
USB-シリアルを使う事によって簡単に知る事ができます。

今回の回路にはフロー制御がありませんので、データーの取りこぼしの無いようにプログラムに工夫が必要です。

プリント基板化しました。
一つ作っておくと、他のマイコンにも簡単に使用することができます。
ターミナルブロックはネジ式なので半田付けが不要です。
秋月電子の基板を使用しないでIC自体を使った基板の方が良いのでは?
と思われますが、それほど大量には必要ありませんし、SSOPの半田付けでトラブルを避ける為です。


メインへ