DC−DC電源基板 製作方法

使用部品は
ヒートシンク、レギュレータ(5V)、フィルムコンデンサ 0.1μF 2個
レギュレータ用電解コンデンサ 100μF 2個、レギュレータ保護用ダイオード 1個、インダクター 100μH 2個、
DC−DC用電解コンデンサー 100μF 2個、抵抗(1kもしくは2k) 2本、ヘッダーピン、
(緑色のコンデンサは在庫が無くなり次第通常の物に変更予定)



付属するDC−DC電源です。
MAU106もしくは、MAU108が付属します。
MAU106が±5V(容量100mA)、MAU108が±12V(容量45mA)となります。

出力に負荷が無いと不安定なので抵抗をつけます。
±5Vには1kΩ、±12Vには2kΩを取り付けます。(どちらも2KΩに変更しました。)



ダイオードと抵抗を取り付けます。ダイオードは極性がありますので注意してください。

ヘッダーピンをカットして、入出力端子に取り付けます。



電解コンデンサ、フィルムコンデンサ 0.1μF(104)を取り付けてください。
電解コンデンサの極性に注意してください。特にC5・C6のコンデンサの向きに注意してください。


レギュレータと、インダクタを取り付けて完成です。


入力電圧は8V以上12V以下の安定した物を利用してください。スイッチング方式のDC9Vの物が推奨です。
使用しているDC−DCの容量が小さいので、使用できるオペアンプは1・2個程度です。
電子ボリュームPGA2311の場合も1個までです。


入力が高めで出力の+5Vの電流が大きいく放熱が足らない場合は、ケースを放熱にしてください。


改良しました。
電源投入時、電流が流れすぎないようにする為の抵抗とエミフィルを追加しました。
22Ω(1/4W)を並列接続で5Ω(1W)としてしています。
抵抗とエミフィルを追加した以外は変更はありません。



                   回路図


部品番号 部品名 型式・容量・値
R1 カーボン抵抗 2kΩ
R2 カーボン抵抗 2kΩ
R3・R4・R5・R6 カーボン抵抗 22Ω
C1・C2 フィルムコンデンサ 0.1μF
C3・C4 電解コンデンサ 100μ
C5・C6 低ESR電解コンデンサ 100μ
D1 ダイオード 1N4007
LCL1 エミフィル   
L1 インダクタ 100μH
L2 インダクタ 100μH
       
DC−DC MAU106/MAU108 ±5V/±12V
     


DC−DC電源の出力側のコンデンサは、写真の上側の物に変更します。


MAU109(±15V)も使用可能です。


戻る