CS8416 DAI 基板 Ver.2
  
   ミツミ製リセットICが生産終了の為、マイクロチップの「MCP111-450E」に変更した基板を設計しました。
   その他いくつかの部分を訂正しました。

   回路はリセットIC部分以外の変更はありませんが、96kHz(94K) と 受信エラー(ERR)を別端子として設けました。

                                 回路図


            部品表

部品番号 部品名 型式 備考
R1 金属皮膜抵抗(1/4W) 75Ω
R2 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R3 金属皮膜抵抗(1/4W) 3KΩ
R4 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R5 カーボン抵抗(1/4W) 10KΩ
R6 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R7 カーボン抵抗(1/4W) 22Ω
R8 カーボン抵抗(1/4W) 22Ω
R9 カーボン抵抗(1/4W) 22Ω
R10 カーボン抵抗(1/4W) 22Ω
R11 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R12 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R13 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R14 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R15 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
R16 カーボン抵抗(1/4W) 47KΩ
C1 フィルムコンデンサ 0.01μF
C2 電解コンデンサ 100μF
C3 フィルムコンデンサ 1000pF
C4 フィルムコンデンサ 0.022μF
C5 フィルムコンデンサ 0.1μF
C6 電解コンデンサ 100μF
C7 フィルムコンデンサ 0.01μF
C8 フィルムコンデンサ 0.1μF
C9 フィルムコンデンサ 0.1μF
C10 フィルムコンデンサ 0.1μF
IC1 レシーバーIC CS8416
IC2 電源レギュレータIC TA48M033 東芝
IC3 リセットIC MCP111-450E マイクロチップ

            部品配置図


1000p = 1n、0.022μ=22n、0.01=10n

94K端子はCD・DVDからのデジタル信号(S/PDIF)が48K以下ならLow、88.1K以上ならHighになります。
ERR端子はデジタル音声信号が無い場合はHigh、通常はLowになります。

フォーマット等の設定は、
TX・C・U・RCBL・AUDIOのジャンパーピンにて行います。
ジャンパーオープンでプルアップ、ショートでプルダウンになります。


CS8416は24bit I2S・右詰め・左詰め に対応しています。フォーマットの変更はAUDIOとCにて行います。

I2S  フォーマット 01 (AUDIO ショート ・C オープン)
右詰めフォーマット 10 (AUDIO オープン・C ショート )
左詰めフォーマット 00 (AUDIO ショート ・C ショート )
DIRECT AES3   11 (AUDIO オープン・C オープン

U はシステムクロックの変更
ショート  256Fs
オープン 128Fs


41kHz 時のシステムクロック
             256Fs                                      128Fs


48kHz 時のシステムクロック
             256Fs                                      128Fs


96kHz・192kHz 時のシステムクロック
             256Fs                                      128Fs



L/R信号をオシロスコープなどで周波数を調べると、S/PDIF信号の周波数を確認できます。
下の波形では入力が96kHzだとわかります。



リート線付きのレギュレータの入手が難しくなっていますので、表面実装のレギュレータを使う基板も設計しました。


DAIを作り始めた頃、0.1μFのフィルムコンデンサはパナソニック製(左)を使用していましたが製造中止の為、
秋月電子で購入出来る「絶縁ラジアルリード型積層セラミックコンデンサー」に変更する予定です。

(まだ少しパナソニック製が残っている)


もどる