CS3310基板とLCDを接続する。



電源は、+5V、±5Vが必要です。
LCDには+5V、CS3310基板には±5Vを供給してください。
ここでは+5Vと±5Vを出力する、DC−DC電源を使用しました。DC−DC電源の入力電圧は9Vです。


リモコンはソニー製TV(アナログ)にあわせています。
多機能リモコンを用意してください。ソニー製TVにセットすれば使用できます。


LCDの電源+5Vを配線します。
±5V電源に余裕があれば、CS3310基板から+5Vを供給してもかまいません。
±5Vの+5Vの電流はCS3310とLCDを合わせても40mA程度です。



CS3310用電源±5Vを配線します。


LCDとマイコンの信号線を接続します。
マイコンからLCDへのシリアル信号(白の配線)
赤外線モジュールからマイコへのコマンド信号(青色の配線)
共通のGND線 (黄色の配線)





すべての配線を終えたらPICマイコンを刺し通電します。
通電するときは必ずアンプの電源より先に入れてください。


電源を入れて少したってから、ボリュームのゲインが表示されます。


リモコンの音量のアップ、ダウンを押して音量調整ができます。(ゲイン表示でほとんどの場合マイナスなので値に注意してください。)
−45dB位まで上げないと音は出ないようです。(あとで別のアンプで検査したら−75dB位音は出てきますね・・・・)

”入力切替”で左右の音量を別々に変更できます。


リモコンの”消音”でミュートとなります。もう一度”消音”を押すかボリュームを操作するとミュート解除となります。


追記:2015/06/21
プログラムを更新しました。

電動ボリュームと同じ複数のメーカーのリモコンに対応できるようにしました。
(ソニーは未対応になりましたが・・・・)

電源を入れて、この表示が出ている間にリモコンを操作してください。

対応するメーカーはプログラムで確認してください。


マイコンが受け付けた場合この表示になります。



プログラムはここ、HEXはここ。(コンパイルにはCCSが必要です。)

ミュートは電源ボタンに変更しました。
レコーダーのリモコンには大体TV操作部分の付いていまして、それを利用する方も多いと思います。
ところが消音ボタンが無い場合が多いので、電源ボタンに変更しました。


メインへ