78XX・79XXを使った正負(±)電源

負電源用レギュレータ 79シリーズレギュレータを使用した電源基板を設計しました。
電源トランスの2次側がV−0−Vとなっている場合は79シリーズレギュレータを使います。










LM317・LM337を使った 正負(±)可変電圧電源基板






    部品表 
IC1      LM317
IC2      LM337
D1〜D8  ダイオード  1N4007
C1〜C4  コンデンサ   0.1μF
C5〜C8  電解コンデンサ 100μF  (耐圧に注意してください。)
C9・C10 電解コンデンサ 2200μF 以上
C11・C12 電解コンデンサ 10μF
R1・R2   金属皮膜抵抗  120Ω
VR1・VR2 半固定ボリューム 5kΩ
ターミナルブロック 3ピン 2個







半固定の取り付けを写真のようにした場合、時計回りで電圧が下がり反時計回りで電圧が上がります。


電子負荷に接続して負荷をかけてみました。


LM317は1.5Aまで流せますが、LM317に取り付けるヒートシンクなどで制限があります。

ためしに入力の電圧は21Vで、ヒートシンクは LSIクーラの16P16L25を使用した場合。
3Vの電圧差で負荷500mAだと発熱が多く長時間使用は無理です、300mAなら何とか長時間使用出来そうです。



メインへ