電源基板製作


使用する部品です。
放熱板と100μFの電解コンデンサ以外は秋月電子で購入できます。



整流用コンデンサは廃品の為、変更となりました。


↑これも、無くなり・・・・

現在はこれをつけています。



ブリッジダイオードをつけます。


レギュレータ保護用ダイオードをつけます。



ピンヘッダーをつけます。


0.1μFコンデンサをつけます。


100μF電解コンデンサをつけます。



三端子レギュレータに放熱板(LSIクーラー:16P16)をつけます。
電流があまり流れないならば必要はありません。
必要な電圧のレギュレータをつけてください。



三端子レギュレータをつけます。

3300μFの電解コンデンサをつけます。
これで完成です。




基板を変更しました。(2015/10/25)
入出力の端子をヘッダーピンからターミナルブロックに変更しました。
それ以外の変更はありません。




レギュレータ以外に秋月電子で販売されているDC-DCを使用すると、単一電源で正負電源を作ることができます。




戻る